現在地:トップページ >シルバー人材センターとは

シルバー人材センターとは

元気で働くことにより、地域社会とのふれあいを高め、いきいきとした生活を楽しむためのシステムです。

シルバー人材センターの基本理念「自主・自立・共働・共助」

シルバー事業の理念は、「自主・自立・共働・共助」という言葉で端的に言い表されていますが、我が国の急速な人口高齢化の中で発想された新しい就業システムです。

高齢のため現役をリタイアした方々等が、主に雇用関係でない何らかの就業を通じて、自己の労働能力を活用し、それによって追加的収入を得るとともに、自らの生きがいの充実や社会参加を希望する高齢者に対して、地域社会の日常生活に密着した臨時的かつ短期的又はその他の 軽易な仕事を組織的に把握して、提供する高齢者の自主的な団体です。したがって、この事業は次のような理念の下に運営されています。

まず第一に、地域の高齢者が、自主的にその生活している地域を単位に連帯して、共に働き、共に助け合っていくことを目指しています。

第二には、高齢者の就業を促進することにより、高齢者自身の活動的な生活能力を生み出すとともに、その家族や地域社会に活力を生み出し、ひいては地域社会活性化につなげていきます。

第三には、働く意欲と能力を持った高齢者であれば、だれにでも参加の道を開き、自主的な組織参加と労働能力を発揮することにより、豊かで積極的な高齢期の生活と社会参加による生きがいの充実を図ろうとするものです。

お仕事の発注・ご入会については…

お仕事の発注をお考えの方はこちらをご覧ください。
ご入会をお考えの方はこちらをご覧ください。

シルバー人材センターの目的

高齢者の働く意欲に応え、地域社会への参加を応援します。
高齢化社会の中で、地域社会が今後も健全に発展していくためには「高齢者一人ひとりの知恵や技能、豊富な経験を活かし、高齢者と若者が手を携えて社会を支えること」が必要です。こうした考えのもと、国では高齢者の雇用対策として「生涯現役社会の実現」「再就職の援助・促進」「多様な就業機会の確保」を打ち出しました。センターは、こうした方針の「多様な就業機会の確保」を担う中核団体として活動しています。

シルバー人材センターの特徴

仕事は請負や委託という形態で、雇用関係は発生しません。
センター会員である高齢者の自主的な活動を通じて会員の就業機会の拡大による福祉向上、仕事の創出等、地域の高齢者の就業についての条件整備に努めながら、入会の条件に合った高齢者なら、だれでも参加できる団体です。センターは、公共的・公益的性格から、その運営にあたっては普遍性、中立性を堅持することとしています。センターの仕事は請負や委託という形態で、センターと会員との間に雇用関係は発生しません。

シルバー人材センターの仕組み

1.発注者からシルバー人材センターへ仕事の発注をします
2.シルバー人材センターから会員へ仕事の提供をします
3.会員からシルバー人材センターへ仕事の引受を連絡します
4.シルバー人材センターから発注者へ仕事の引受を連絡します
5.会員は発注者元で仕事に従事します
6.発注者はシルバー人材センターへ契約金の支払いをします
7.シルバー人材センターは会員へ契約金の配分をします

シルバー派遣事業

シルバーの会員が派遣労働者として、「臨時的または、短期的で軽易な業務」の範囲内で、派遣先である企業などの指揮命令によって働きます。
シルバー派遣事業により専門的な知識・経験などが求められる仕事や、「請負・委任」ではできなかった派遣先で社員と共同で働くこともできます。
また、派遣の期間は最長で3年まで、1ヶ月当り80時間以下の作業となります。

シルバーの会員が派遣労働者として、派遣先である企業などの指揮命令によって働きます

派遣でできる作業

ページの先頭へ